2017年6月5日、参考消息網は、米国ではアジア系住民が依然として各種の差別を受けているとするボイス・オブ・アメリカの5月31日付報道を伝えた。

カリフォルニア大学ヘイスティングス法科大学院の教授で、長きにわたり米国における権利の平等のために発言してきた呉華揚(ウー・ホアヤン)氏は「米国におけるアジア系住民の環境は大きく変化しているが、表面的な美しさと礼儀の内部では依然としてさまざまな差別を受けている。成功すればするほど反発が強くなる。占領されてしまうと思うからだ」と語っている。

呉氏によると、米国の一部大学におけるアジア系学生の募集制限にも差別の一端が垣間見える。また、米国の大学では中国系をはじめとするアジア系のハイクラスな教授が多い一方で、リーダー的な職務を任される人の数が減っているという。

さらに、学業や仕事の面のみならず、生活においても差別が存在するようだ。呉氏は「サンフランシスコの街を歩いていたら、通りかかった自動車の窓が開いて『中国野郎』『元の場所に帰れ』と叫ばれた。毎日、毎週ではないが、毎月1回は遭遇している」と語った。

呉氏はまた、今のアジア系住民に対する差別の背景は、1882年の「中国人排斥法」制定前と似ている部分があると指摘。「中国人は仕事で努力をし過ぎ、白人労働者を追いやる恐れがある。これは不公平な競争だ。だから彼らを排除すべきだと考える。つまり、彼らの論点はアジア人が劣っているのではなく、優秀すぎるという点にあるのだ」と説明している。
2017/07/08(土) 10:54 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
11_2017-06-07-12-53-34.jpg
本作のような風俗的主題を扱った作品の中にも画家の鋭い現実への洞察や、聖書や神話など正統的な主題への皮肉が示されている。例えば『オルガス伯爵の埋葬』での聖人や教会を支えた有力者たちの集団は、当時のパリの現代化を支えた上流階級の人々と仮装した娼婦たちの姿に変え描かれていると解釈できる。

また絵画としての色彩構成も黒色の衣服に身を包む男たちが画面の大部分を占める本作の中にアクセント的な差し色として、娼婦らや人形の格好をした男や画面上部に下半身のみ描かれるの女性の脚の赤色や緑色、水平に描かれる2階部分の床や垂直に描かれる2本の大理石の柱の白色が用いられるなど非常に完成度が高い。
2017/06/08(木) 11:09 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
その反対側となる画面左側には土地を象徴するセーヌ川とそこを進む一隻のヨット、そして画面中央から右上にかけて青々とした広大な空が広がっており、画面全体に寂々とした雰囲気を漂わせている。

本作ではモネ独特の感覚による色彩表現は姿を表さず、依然として写実性が色濃く残されているほか、印象主義の典型的な筆触分割(色彩分割)による描写手法表れてはいないものの、戸外制作の大きな目的となる明瞭で自然的な陽の光の追求と、それによる絶妙な効果の表現は秀逸の出来栄えを示しており、特に散歩道に差し込む筋となった陽光の表現やセーヌ川に反射する光の描写は観る者の目を奪うばかりである。
1x.jpg
2017/05/08(月) 15:29 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
季節の変わり目はファッションも美容も様々なことが変化のとき。春は他の季節と比べ、出会いや別れ、環境の変化が多い季節。そのため春特有の女性が感じる、お悩みやピンチもおのずと多くなるもの。

約6割以上の女性が陥っている春のピンチが、「春服の選択」。新しい季節に合わせた流行のファッションは、全身をトレンド最先端でキメキメにするよりも、定番服にさりげなくトレンドを取り入れるほうが、実はよりこなれて見えるんです。自分なりの定番服=自分に似合う服なので、まずはクローゼットを整理して、この春も着たい自分的ベーシック服をピックアップしてみてください。ベーシック服が決まると、合わせたいトレンドアイテムも選びやすくなりますよ。

実は3月の紫外線量は、残暑が厳しい9月と同じくらい。しかも4月、5月とさらに紫外線が強くなっていくので、そのダメージを肌に受けやすい時期になります。そんなときに重要なのが「保湿ケア」。いつものスキンケアを保湿力の高いものに変えたり、スチーマーで保湿をしたり、メイクでも保湿力のあるファンデに変えることがとても有効です。春になると暖かくなるので、さっぱりしたものを好む方も増えますが、乾燥対策は冬だけじゃなく春も大切なので、しっかりとうるおいのある生活を心がけることが、春のピンチから美肌を守る近道になります。

暖かい気候へと変化して行くこの時期は、紫外線や花粉など肌へ刺激を与える問題がいろいろとあります。そのため、肌のコンディションがゆらぎやすく、あれてしまう人も多いはず。そんなときは、肌にやさしいファンデーションがおすすめ。肌にやさしくカバー力も欲しい、そんな働く女性の期待に応えてくれるのが、今話題のインテグレートのリアルフィットリキッド。肌あれ防止イオンミネラルパウダー*1配合で肌に負担をかけずに、つけた瞬間から肌を守ってくれます。しかも保湿力が高く、スチームケア後のようなみずみずしいつや感を出せるので、大人の女性にピッタリ。
2017/04/08(土) 11:20 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
1z_2017-03-09-16-42-02.jpg
ハーレンはフランス・フランケンと同様に、小型サイズの絵を描く画家であった。彼の小部屋展示用の絵は、しばしば多くの人物のいる神話や聖金の場景を表しており、それらは輝かしい色とりどりの色彩と血かな細部描与によって描かれている。

パーレンの仕事の仕方の特徴は、―16世紀隆半や17世紀のアントウェルべンの画家たちが概ねそうであったように―それぞれが自分の専門分野で特別な成果を収めていた、他の再家たちとの共河作泰である。
2017/03/09(木) 16:38 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
パンの表皮などの、事物の表面に施された点描による光の表現は、《窓辺で手紙を読む女》ですでに見られた描法であるが、ここではさらに強調され、画面に躍動感を与えている。次の《兵士と笑う女》(fig.4)から始まる一連の作品には、画面の新たな要素としての男性の像が加わることになる。

この《兵士と笑う女》に見られる、前景の後ろ向きの男性とこちらを向く女性との構図においては、これと非常に似た作品を描いた同時代の風俗画家、ピーテル・デ・ホーホの影響が大きい(X3) 。
1q.jpg
2017/02/07(火) 12:16 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)